FX外国為替証拠金取引の難点

2012 8月 03 ネットビジネス 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by kh20110421

FX外国為替証拠金取引の難点

 

外国為替証拠金取引とは【Margin Foreign Exchange Trading】を略してFXと呼ばれています。

 

海外の通貨を売り買いして利益を得る金融商品の一つです。

 

FXの難点

 

①リスクマネージメントが必要

 

②通貨ペア選択のリスク

 

③業者選択のリスクやファンダメンタルからのリスク
①について

FXではリスクが付き物ですので自分なりのリスクマネージメントが必要です。

相場の動きがどうなるかは誰にも完全に予想することはできません。

世界中の個人トレーダーやプロのヘッジファンド、時には国家単位で為替介入することもあり、

常に色々な取引が繰り返されて自分の予想とは逆になってしまうことも珍しくありません。

自分のポジションがマイナスになってしまった時にはロスカットが必要になってきます。
大きく負けてしまうと保証金が足りなくなり、また保証金を追加するか最悪FX取引から撤退しなければなりません。

そうなってしまわないように小さく負けて、大きく勝つ(損小利大)ためのリスクコントロールが出来る必要が有ります。

 

②について

通貨ペアのリスクとはその通貨によっては他のペアとは動きが逆になったり
マイナーな通貨ペアになればなるほど情報が少なく急な動きに対応することが難しいです。

 

③について

FX取引業者自体の信用度(業者が破綻したりするリスク、資金の保全管理等)や

決済時の約定スピードなど自分がエントリーしたい時、決済したい時に素早く約定してくれないと利益を大きく減らすことにもなります。

又欧米の経済指標の発表時、内容によっては急激に相場が変動することがありますので、結果を見てからエントリーするほうが初心者の方には安全でしょう。

 

FXの利点

«  FX外国為替証拠金取引の難点  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。