【ダイレクト出版】オンラインコピーライターズハンドブック

第1章レビュー

■ネットがコピーの書き方を変える!?
インターネットコピーと印刷物広告コピーの書き方10の共通点より

 

 

①「何か得するものがあるか知りたい」
私 ⇒ 読者(メルマガやブログを読んでくれる方々)のためになる記事を書かねばならない。

 

 

 

②「大事な読み手に向けて書く」
私 ⇒ 読者の悩みや欲求は何か追求すること。

 

 

 

③十把一絡げ(じゅぱひとからげ)から抜け出す
私 ⇒ ウェブサイトやEメールが人々の目にとまるまでには気の遠くなるような
競争が必要である。そのための覚悟やヤル気があるか。

 

 

 

④関連性を大切にする
私 ⇒ 読者が必要とする話題を集中させ、意味のない記事でコンテンツの量が
あるようにしてはならない。記事を見つけやすく、余計なものは省くこと。

 

 

 

⑤メリットを強調する
私 ⇒ 読者目線を考えたサイトにしなければならない。

ただ論文を発表するだけとか、

コンテンツをばらまけばいいわけではない。

・・・・・・・・・・・・・

 

まだまだあとに続きがありますが、

 

 

 

読めば読むほどに

自分の記事や文章が幼稚に思えてきました。

 

 

 

オンラインコピーライターズハンドブックには

コピーライティングの

基本となるテクニックが網羅されています。

 

 

 

何事も基本が大事なんだと思い知らされました。
基本を知らないとあとで苦労します。

 

 

あとで苦労しないためにもこれを読んで下さい。

 

オンラインコピーライターズハンドブックに関連するページ

 

【ダイレクト出版】

 

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。